HOME > 製品・サービス > 省エネ照明 > E・COOL

E・COOLパートナーズ

E・COOLに使用されているCCFLとは

CCFLは、広くPC・液晶TVに既に使われております。

E・COOLはCCFL(Cold Cathode Fluorescent Lamp=冷陰極蛍光管)と呼ばれる細いガラス管を用いた次世代照明です。CCFLは産業機器光源として40年来の実績ある光源であり、当初はFAXやスキャナの読み取り光源として、またPCモニターや 液晶テレビのバックライト光源として多く用いられてきました。
一般の蛍光ランプよりも細く、ガラス管内に封入する物質の種類や圧力、またガラス管の内壁に塗布された蛍光体の厚さや種類などを変えることで、様々な色温度を作り出すことができます。
一般蛍光ランプは、HCFL(Hot Cathode Fluorescent Lamp= 熱陰極蛍光管) といいます。発光原理はほぼ同様ですが、放電 方式が異なり、HCFLが加熱により電極から電子を放出するのに対し、CCFLは加熱せずに放出します。CCFLは電極にフィラメントを持たないことからON/OFFにより寿命が大きく左右されることがありません。

蛍光灯構造図、CCFL構造図

細い! 色が多彩! 軽い! 光が広がる!

E・COOLとは?

~経済性・環境性・信頼性に優れた明かりです~

低コスト、低消費電力、長寿命

E・COOLは、省エネ、省コスト、ロングライフ設計。環境にやさしくコストパフォーマンスに優れた次世代照明です。消費電力及びCO2排出量を約40%※1カット。定格寿命は40,000時間※2、約10年※3の長寿命設計。ランプ交換メンテナンスの手間も70%削減※4。イニシャルコスト・ランニングコストも安く、早期の投資回収が可能です。

年間電気代 従来比約40%  年間CO2排出量  従来比約40% 定格寿命約40,000時間

製品寿命設計票

  • ※1:40W形一般蛍光管と灯具(安定器込み)に設置して点灯した場合との比較です。
  • ※2:製品寿命は設計値(下方光束維持率70%になる予測値)です。E・COOLとしての寿命は使用環境により異なってきます。
  • ※3:1日約10〜12時間使用を想定。
  • ※4:40W形一般蛍光管(寿命12,000時間タイプ)との比較です。

紫外線(UV)カット

E・COOLは、虫が寄りつく原因となる波長400nm以下の近紫外線領域の光をカット。物の色あせを防ぐ効果もあります。公共施設や店舗、飲食施設、食品加工工場などにおすすめします。

近紫外線領域グラフ

E・COOLは低発熱

LEDは供給するパワーに比例して明るさも上昇し、同時に発熱量も増加します。この発熱によってLED自身の寿命を劣化させてしまう性質を持っています。このため、発熱対策としてヒートシンクや電源別置き等の対策が必要です。CCFLは最大で70〜80℃の発熱で、LEDに比べて低発熱ですので、特別な放熱対策を必要としません。

インバータ側

安全法に適合した信頼性

電気用品安全法、電磁波ノイズ、JIS C 61000-3-2、アーク放電・異常温度上昇 クリア

ー安心の保護回路搭載ー
E・COOLには安全に長期間ご使用いただく為の保護回路を搭載しております。
 1.アーク保護回路 2.温度保護回路 3.電圧保護回路

~チラツキがなく、広がる明るさ、自然な色合いの安心な明かりです~

配光範囲が広く、目に優しい

近年注目されているLEDは、点発光による直線性の強いビームのような光源です。つまり一方向に強い光を放つ配光特性であり、直下へ明るさが集中し周囲に広がらない性質のため、これまでの蛍光灯と同様の配置では明るさにバラツキが出てしまいます。
E・COOLは360°全方位に発光するCCFLを用いた線光源なので、ムラのない均一な光で広い範囲を照らすことができます。また、高周波点灯により、LEDや一般蛍光灯に見られる“チラツキ”がないのも大きな特長です。広く、明るく、目に優しいE・COOLは、オフィスや学校、病院、店舗など、様々な作業空間、人々が集う生活空間に最適です。

E・COOL:CCFLは全方位360°発光で広がる明るさ

E・COOL、蛍光灯、LEDのチラツキ比較

演色性に優れた自然な光

一般的なLEDの白色は、青色LEDと黄色の蛍光体を組み合わせて作り出す疑似白色。色の再現性(演色性:Ra 70前後)はあまり良いとはいえません。照明対象が黄色味がかったり青味がかって見えてしまう傾向にあります。E・COOLは、ハイエンドタイプの蛍光灯と同じ赤・青・緑の3波長RGB型で、キレイな白色を表現。演色性はRa 約80と高く、自然な光で照らします。

LED:演色性が低い、E・COOL:演色性が高い(Ra約80以上)

コストパフォーマンス&性能比較

E・COOLは、一般蛍光灯はもちろん
LEDと比較しても同等以上の
性能とコストパフォーマンスを発揮!

寿命:蛍光灯と比較して3〜5倍以上、CO2排出量40%削減、消費電力最大40%削減、10年間における水銀使用量80%削減

適所適光

こんなところにこそE・COOLが
優れた性能を発揮します。
ぜひこの次世代照明をご活用下さい。

オフィス・工場 快適な作業環境は労働意欲や業務効率につながる。照明の役割は重要だ。
経済性、環境性に優れた照明であることも、経営視点からは見逃せない。


オフィスや工場における照明設備で気になるポイントは、やはりコストと省エネ。また、常にその下で業務をこなすため作業環境効率という側面からも捉えなくてはなりません。
E・COOLは、一般蛍光灯に比べ消費電力もCO2排出量も電気代も約40%削減できます。初期投資費用もLEDに比べ抑えることができ、照明としての性能は向上します。長寿命のため蛍光灯の交換といった維持管理の煩わしさからも解放され、ランニングコストもグンと抑えることができます。企業における経済性、環境面、両方の課題解決に大きく貢献できます。チラツキもなく、均一な明るさはストレスを感じさせず作業効率向上にも貢献できます。
図書館・学校 学習環境として第一に考えたいのは、目にやさしい明かりであること。
明るくチラツキがなく、視認性に優れた照明が、快適な時間をつくる。


図書館や学校の照明として最も配慮したいのは、やはり目の健康への影響です。図書館では様々な書物を閲覧したり、その場で読書したり学習する方が多く、どのスペースでも文字の視認性はどうか、明るさはどうか、チラツキはないかなどが照明選びの大きなポイントとなります。
一方、学校の場合、照明選びは成長期の子供にとっての将来的な視力にも大きく影響します。
常に教室で過ごすことも多く、均一な明るさ、配光性、そしてやはりチラツキへの配慮は重要です。E・COOLは配光性・チラツキ・演色性において目にやさしく優れた照明性能を発揮します。図書館や学校などの学習空間、公共施設等の照明として最適です。
ショールーム・スーパー 商品を美味しく、美しく、鮮やかに照らし出す、演色性と配光性が購買意欲を高め、売上や来店頻度の向上、店舗のイメージアップにつながる。

ショールームやスーパーの照明として重視したいポイントは、陳列あるいはディスプレイされた商品に対する色の再現性、つまり演色性と配光による見え方です。食品ならどれだけ美味しそうに見えるか、他の商品ならどれだけキレイに鮮やかに見えて買いたい!と思わせられるかで、売上高は大きく違ってきます。E・COOLは、キレイな白色を表現する自然な光を導き出す3波長RGB型の光源で平均演色評価数もRa約80と高く、商品の見栄えの良さは抜群です。また性質上虫がよってくる原因でもある紫外線(UV)をカットしますので、衛生面や清潔感を大切にする面でもショールームやスーパー、飲食施設などにも最適です。

取り付け方法 (既存の器具を使用する場合) 取り付け簡単!

■40W/20W形(片側給電仕様)

E・COOL導入時の配線替え要領
グロータイプ
グロータイプ昇圧型
ラピッドタイプ

■110W形(両側給電仕様)

E・COOL導入時の配線替え要領
グロータイプ
グロータイプ昇圧型
ラピッドタイプ

E・COOLは直販を行っておりません。
E・COOLのお求めに関するお問い合わせは、「E・COOLパートナーズ」が承ります。

  • Facebookでいいね!してね
  • E・COOLパートナーズ 全国各地の代理店をご紹介
  • E・COOLで節電革命!
  • よくあるご質問はコチラ
  • 販売代理店募集
  • JCLA 日本CCFL照明普及推進協議会
  • チャレンジ25キャンペーン
株式会社オプトロム
<本社/環境エネルギー事業部>
宮城県仙台市青葉区上愛子字松原27番地 TEL:022-392-3712 FAX:022-392-3715
<東京支店>
東京都港区赤坂4丁目1-30 AKABISHI-Ⅱ4F